第1回:カードローンとキャッシングの違い

カードローン・コラム

1. カードローンとキャッシングの違い、知っていますか?

カードローンとキャッシング、このふたつはどちらも金融機関からお金を借りるという点では同じものです。
ですが、細かくみていくと、両者には同じもののようで、実は異なる点があるのです。
現在では、カードローンもキャッシングも同じ意味合いで扱っている金融業者も少なくはないようですが、本来はどのような点が違っているのかをまとめてみましょう。

まずはカードローンからです。
「ローン」と聞くと、頭には教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどが浮かぶ方が多いと思います。
近年では、各金融機関がライフスタイルや用途に応じて様々なローン商品を展開しており、自費治療になると結構な出費になる歯科治療に特化したデンタルローンや、海外などへ旅行する際に利用するトラベルローン、挙式やハネムーンの費用にあてるブライダルローンといったようなローン商品も提供されています。
さらに使途自由な多目的ローンというものもあり、私たちの生活とこのようなローン商品はより身近なものになっているといえます。

このようなローンは、まとまった金額を借入れて、その後は毎月所定の期日に決められた金額を返済していくという形が一般的です。
ローンの融資枠は、申込み先の金融機関が、所定の審査によって決定した額となり、クレジットなどの融資枠とは分けて設定されます。
返済方式は、リボルビング方式を採用しているところが多いようです。 俗に「リボ払い」といわれているものですね。

一口にリボルビング方式といってもいくつかの種類がありますが、ローン返済で採用されることが多いのは「残高スライドリボルビング方式」という返済方式です。
残高スライドリボルビング方式は、その名のとおり融資残高に応じて返済額がスライドしていくもので、返済によって残高が減るごとに毎月の返済額も徐々に減っていきます。
あらかじめ返済回数を決め、毎月定額を返済していく方式と比べると返済期間が長くなりますが、毎月の支払いの負荷が軽減していくという点では良い返済方式といえるのかもしれません。

このような融資は、以前は頭に「カード」がつかず、「ローン」と呼ばれていました。
時代の流れにより、より便利に融資が受けられる金融商品が登場し、専用カードを発行することで融資の限度枠内でATMから自由に貸付を受けることができ、返済も余裕がある月にはカードでATMから行うことができるようになり、「カードローン」といわれるものが登場したのです。

ローンについての説明が長くなりましたが、それに対してキャッシングはどうでしょうか。
「大口の融資を受け、分割払いで返済していくもの」という元々のローンの定義に対し、キャッシングの元々の定義は「一括返済を前提として融資を受けるもの」というものでした。
こうしたことから、ローンは額の大きいものを購入する為の大口融資、キャッシングは現金を調達する為の小口融資というのが本来の意味合いだったのです。

しかし近年では、カードローンも小口融資に対応する商品があり、キャッシングも専用カードが発行され、返済についても毎月の分割払いが主流です。
以前は定義の異なったものでしたが、徐々にそういった線引きはなくなり、今では元々の意味合いで使い分けをすることはほとんどないといってよいでしょう。

スポンサード リンク

→2.カードローンの比較基準は金利だけではありません

カードローン コラムのTOPへ